Archive for the ‘未分類’ Category

ビキニ

海やプールでビキニに着替えるときは、VIOラインに生えているムダ毛がはみ出さないよう、注意しなければなりません。

しかしどれだけ丁寧にカミソリなどで処理したとしても、自分の目でははっきり見えない個所があるので、剃り残したムダ毛が知らないうちに、はみ出していることがあるのが怖いところです。

VIOラインのムダ毛を完璧に自己処理するのは難しいので、どんな水着も平気で着られるようになりたいなら、美容外科や皮膚科などのクリニックで医療レーザー脱毛を受けるようにしましょう。

VIOラインのような際どい個所をレーザー脱毛できるのかと思う方もありますが、医療レーザーは体のあらゆる部分に生えたムダ毛を処理することが出来ます。

わきやひじ下、ひざ下はもちろん、お腹や背中、うなじや顔の脱毛も出来ますから、脱毛したい部位があればすべて、カウンセリングの際に言うようにしたいですね。

カウンセリングでは毛量や毛質をチェックし、一人一人の状態に合わせてレーザー出力を調整し、脱毛してくれますから、仕上がりはとても美しいすべすべの肌になります。
テクスチャー02
万が一、何らかの肌トラブルが起きたとしても、お医者さんや看護師さんがそばにいるので、すぐに適切な治療を受けられるので安心です。

腕は人からの視線を受けやすい場所なので、自己処理を欠かすことができません。きき手の処理をする際には、なれないほうの手で処理をするために怪我も付き物です。

レーザー脱毛をする際には、毛の周期にあわせて2ヶ月に一度の脱毛が効果的です。レーザー脱毛は痛いといううわさもございますが、はじかれるような痛みがありますが、痛みに弱い方には麻酔クリームを使うこともできるので、安心です。

自己処理をすると、毛穴のぶつぶつや、黒ずみ、埋没毛などのリスクがありますが、自己処理に失敗してしまった場合にも友好的です。

永久脱毛の期間とは、人によってそれぞれです。何回も通うことになることも考えられるので、金銭面的に不安という方は期間中定額でやってもらうことができるところもあるので、そういったところを利用することがお勧めです。

はじめのカウンセリングにより、リスクやアフターケアなどについて話をされるので、納得した上でやってもらうことができるので、安心してはじめることができます。

段階を踏んで、脱毛するために、すぐに自己処理をしなくてもよくなるというわけではありません、しかし、確実に無駄毛がなくなっていくので、最終的に自己処理がいらなくなります。

脱毛する女性が増えています。脱毛には大きくわけて2種類あります。1つはエステサロンで行える光脱毛です。光の照射率が低いのでやけどの心配がなく、医療関係者じゃなくても施術が行えます。

そしてもう1つが美容外科などの病院でしか受けられないレーザー脱毛です。レーザー脱毛は光の照射率が高く、光脱毛に比べて少ない回数で効果が得られますが、その分やけどの危険性があります。そのため医療従事者のみしか施術できないことになっています。

レーザー脱毛は基本的にはどこの部位にも当てることができます。VゾーンやIライン、Oライン、わきなど、毛が太い部分は痛みがでやすい部位ですが、他の部位は痛みはほとんどありません。

テクスチャー14光を当てる前に塗るジェルがかなり冷たいのと、照射後のアイシングの冷たさを我慢できればあっという間に施術は終わってしまいます。顔は鼻の下の部分以外は脱毛部位に入っていませんので注意が必要です。背中やうなじなど、自分で処理できない部分こそ脱毛することをおすすめします。

背中は夏場にしゃがんだ場合に見えたりすることがあるので、しっかりと脱毛しておくと良いでしょう。ひどく乾燥していると施術が行えませんので、保湿を日頃から心がけましょう。

レーザー脱毛で脱毛出来る部位について

効果の高さで人気なのが、美容外科や皮膚科のクリニックで行っている、医療レーザー脱毛です。

1回の施術で毛根をしっかりと破壊する事が出来る為、5回から6回程度の施術でムダ毛のない綺麗な肌にする事ができます。

そんなクリニックでの脱毛は、脇や腕や脚、背中や顔、デリケートゾーンなど、全身の殆どの部位に対して施術が可能となっています。
ただ、できない場所も存在します。

それは、毛髪と粘膜面、首の全面、です。
毛髪に関しては照射可能ですが、レーザーが反応しやすく、炎症を起こす可能性が高くなる上、色素沈着などの肌トラブルの原因となってしまう可能性もあります。
更に、肛門や乳輪など、粘膜の部分に対しても照射する事はできません。

ただ、粘膜の際までは照射可能で、肛門や乳輪の周辺は照射を行う事が可能です。
そしてもうひとつ、首の全面というのは、甲状腺がある部分なので、照射をする事ができません。

これ以外では、鼻を除外するクリニックも存在します。
鼻は、その形状から、照射が難しく、照射を失敗した時のリスクが高い為、施術を行いにくい部位の一つとなります。

このように、いくつかの施術ができない部位が存在しますが、それ以外は全身ほとんど、脱毛が可能です。

準備

近年では、レーザー脱毛によるムダ毛の解消に取り組む人が増えています。
肌に負担の少ないレーザーを照射し、表皮にダメージを与えることなく毛根を破壊することができるレーザー脱毛は、永久的な効果も期待できるほどその効果が高く、ムダ毛の悩みの根本的解決ができる点が大きな魅力となっていますが、よりその施術効果を高め、円滑な処理を行っていく為には、正しい知識を持って事前準備を行っておくことが大切です。

レーザー脱毛を受ける前に特に心がけておくべきポイントとしては、紫外線ケアとムダ毛処理が挙げられます。

レーザー脱毛とは、黒色のメラニン色素に反応させることで毛根組織を破壊する方式である為、日焼けによって肌のメラニン量が増加してしまっていると、火傷に繋がってしまう恐れがあるのです。

現在では日焼けをしている肌にも照射可能なレーザー機器もありますが、やはりリスクを最小限にする為にも、紫外線ケアを行っておくことがおすすめです。

また、ムダ毛が表面に出ているとその毛に反応してしまう為、施術前には処理をしておく必要がありますが、その際に抜いてしまうと施術の効果が得られなくなってしまいます。

なので、事前のムダ毛処理は肌を傷つけないよう、優しくシェービングをするようにしましょう。

デメリット

ムダ毛のことで悩んだ時にその悩みを解決してくれる方法に、脱毛があります。
そして、脱毛には様々な種類がありますが現在主流となっているのは、レーザー脱毛です。
この方法は安全性が高くそれでいて脱毛効果も高いため、現在最も一般的な脱毛方法のひとつではありますが、もちろんいいことばかりではありません。

レーザー脱毛のデメリットとして一番大きいのは、日焼けや色素沈着がある場合脱毛をすることができないという点にあります。

レーザー脱毛の仕組みは、黒い色素が多く含まれる毛根にレーザーを照射することで、黒が光を吸収しやすい特性を利用して毛根だけを焼ききる仕組みになっているのですが、黒に反応する仕組みであるため、日焼けや色素沈着があった場合脱毛をすることができなくなってしまうのです。

この場合、脱毛効果が弱まるばかりか時にやけどなどをしてしまう危険性があるため、脱毛を行うことができないのです。

また、黒に反応する仕組みであるため、毛根の色が薄ければ反応が弱くなってしまうので色素の薄い産毛などは、脱毛効果が低くなってしまうという欠点もあります。
このように利点の多いレーザー脱毛ですが、少なからず欠点もある方法になっているのです。

メリット

人間の体に生えてくる毛は部位によって強弱がハッキリとしています。柔らかい体毛は抜けやすく、処理する場合は簡易的なカミソリで撫でるだけでも綺麗に除去できます。しかし、肌に刺さってしまうほどに強く根付いている体毛は抜けにくく、カミソリを使っても根元までは除去できないので青く残ってしまうこともあります。

テクスチャー19根元から抜いてしまう人もいますが、毛母細胞がある限りは生え続けるので意味がないだけでなく、毛穴からばい菌が侵入する恐れもあるので控える必要があります。体毛を処理しながら徐々に毛根から弱くしていき、薄くなるまでに改善できる方法としてあるのがレーザーによる脱毛処理です。基本的には医療用レーザーを使って体毛を除去することになるので医師が在籍している医療施設を利用することになります。

レーザー脱毛を受けるメリットは、施術時間の短さです。永久脱毛として施術される電気針を使用した方法は確実に毛根を破壊して生えない状態にすることができますが、一本一本に施す必要があるので長時間の作業となります。

レーザー脱毛は光が照射できる範囲を選択し、一度に数十本の体毛を除去できます。又、電気針を使用すると痛みが出ることに対してレーザー脱毛にはほとんど痛みを感じることなく施術を終えられるのでリラックスした環境で脱毛ができます。レーザーの取り扱いは間違うと大変な事故になってしまうこともあるので医師には長年の経験と実力を兼ね備えた能力が求められます。

原理

光は、黒い色素に吸収されやすいという性質を持っています。テクスチャー12
レーザー脱毛は、その原理を利用した脱毛方法です。
毛根には、大量のメラニンが含まれています。

そこにレーザーを当てれば、光が吸収されて熱を持ちます。
この熱で毛乳頭を変質させ、毛が生えてくるのを妨げます。
一般的に、レーザー脱毛は毛乳頭を破壊する物と思われていますが、そうではなく、熱を加えて毛乳頭を変質させることで、毛の生成を防いでいるのです。

また、毛には毛周期という物があります。
それは、「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルになっています。
この中で、休止期の毛はメラニンが少ないため、レーザーが反応してくれません。
ですから、レーザー脱毛は、休止期の毛には効果がありません。

毛周期は、1~2年で上記のパターンを繰り返すサイクルになっているので、レーザー脱毛を繰り返すうちにムダ毛が減っていきますが、上で述べたように休止期の毛には効かないため、2年以内の場合は、休止期だった毛が生えてくる可能性があります。

ちなみに、レーザーには白人向けの「ルビーレーザー」や、日本人向けの「アレキサンドライトレーザー」などがあり、それぞれ波長なども異なっています。

レーザー脱毛とは

両わきにムダ毛が生えていると、半袖やノースリーブの洋服を着る時に、わきを見せないように気を使わなければならないので、大抵の女性は剃ったり、抜いたりして処理しているものです。

しかし夏の間中、何回も同じことを繰り返さないと、またすぐに生えてきますし、肌の弱い人の場合はすぐに湿疹や吹き出物が出来てしまうので、もうこんな面倒なことはしたくないと思ったら、美容外科や皮膚科などのクリニックで施術を受けることをおすすめします。

クリニックで行うのは、エステや脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛とは違い、レーザー脱毛になります。医療資格者しか扱えない医療レーザーを使って処理するため、毛根の奥深くまで破壊できるので、フラッシュ脱毛よりも効果が高いのが特徴です。

その代わりにフラッシュ脱毛よりは痛みがありますが、最近の医療レーザーは、極力痛みを感じさせない設計になっていますし、痛みに敏感な人には、麻酔クリームを塗ってから施術をするので安心です。

施術後の肌はとてもすべすべになり、自己処理する手間がいらなくなるので、その後は長く、快適な生活を送ることが出来ます。キャンペーン期間中に申し込むと、かなり安い料金で施術を受けられるので、ムダ毛をなくしたい方はクリニックに予約を入れるようにしましょう。